Huaweiの次期スマホMate 40で撮影された「真昼の月」が公開される

2003771136 1 - Huaweiの次期スマホMate 40で撮影された「真昼の月」が公開される apple製品情報

 
Huaweiの次期フラッグシップモデル「Mate 40」に搭載されたカメラの撮影サンプルが公開されました。米政府の禁輸措置によって、同社にとっては今回のMate 40が一つの区切りとなります。
昼間なのに月がくっきり
一昔前であれば、高いカメラ性能の代名詞はAppleやSamsungでしたが、現在は中国ベンダーが取って代わっています。カメラ性能のスコア評価で知られるDxOmarkでも、執筆時点(10月13日)でランキングの上位5モデルはXiaomi(Mi 10 Ultra)、Huawei(P40 Pro)、Vivo(X50 Pro+)、Honor(Honor 30 Pro+)、Oppo(Find X2 Pro)と、中国ベンダーが独占しています。
 
“中国ベンダー=高性能カメラ”のイメージを確立させたのがHuaweiです。
 
Huaweiは他社に先駆けてトリプルカメラを採用し、長らくスマートフォン業界のカメラ性能競争を牽引してきました。そんなHuaweiが10月22日のイベントで新たに発表するのがMate 40シリーズです。搭載されているカメラの性能は、同社でスマートフォン・ユニット部門を統括するホー・ガン(何剛)氏が公開した画像を見れば一目瞭然でしょう。
 
 
ガン氏が中国SNS微博に公開したズーム画像では、昼間に撮影されたにもかかわらず、月のクレーターがはっきりと確認できます。昨年前半に登場したP30シリーズでもズームで月を鮮明に撮影できましたが、日中でここまで鮮明に撮影することはできませんでした。
 
上位モデルのMate 40 Proはクアッドカメラを搭載すると考えられており、メインと広角カメラは5,000万画素(メインは1億800万画素との観測もあり)、5倍の望遠レンズとToF(Time of

リンク元

Comments

Copied title and URL