「新型コロナウイルス接触確認アプリ」がApp Store「Today」トップに登場

AppStore COCOA ss e1592582558796 - 「新型コロナウイルス接触確認アプリ」がApp Store「Today」トップに登場 apple製品情報

 
リリースされたばかりの、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」が、App Storeの「Today」タブで「重要なお知らせ」として特集されています。
App Storeのトップに掲載
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のためのアプリ「新型コロナウイルス接触確認アプリ」は、AppleとGoogleが共同開発したAPIを活用して開発され、6月19日午後にリリースされました。
 
6月20日、App Storeで最も注目度の高い「Today」タブのトップに、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」が掲載されています。
 
アプリに対するAppleの考え、接触通知の仕組み、個人情報の保護などについての詳細な説明を読むことができます。
プライバシー保護を最優先に設計
「新型コロナウイルス接触確認アプリ」は、ユーザーのプライバシーを重視した設計が特徴で、氏名や連絡先などの個人情報やGPSによる位置情報は収集しません。また、通信には省電力性能に優れたBluetooth LEが使われるため、バッテリーの持ちへの影響も抑えられています。
 
また、iPhone、Androidスマートフォンの端末間の距離測定には、ランダムに生成される識別情報が使われますが、ウイルスの潜伏期間である14日間を過ぎると自動で削除されます。
 
自分が陽性と判定された場合、アプリから体調などを報告すること行政機関への連絡などの案内を受けることができますが、自分の感染を周囲の人に通知されることはありません。
 
アプリは、起動時のスプラッシュ画面に疫病退散の伝説を持つ妖怪「アマビエ」が描かれているのが印象的ですが、アイコンなどのデザインは全体的に落ち着いたデザインが採用されています。
 
 
一見すると地味に見える

リンク元

Comments

Copied title and URL