Appleの革新の秘密はその組織構造にあった〜Apple Univのトップが語る

desktop e1600787975251 - Appleの革新の秘密はその組織構造にあった〜Apple Univのトップが語る apple製品情報

 
Appleのトレーニング施設「Apple University」のトップを務めるジョエル・ポドルニー氏が、Harvard Business Reviewにおいて、Appleが革新的であり続ける秘密はその組織構造にあるとして、大企業としてはまれな同社の構造について記しています。
全マネージャーを1日で解雇
Appleほどの大企業ともなれば、最高経営責任者(CEO)のもと複数の事業部門があり、各部門にはマネージャー(責任者)がいて、それぞれの損益(P&L)を管理する、という仕組みが一般的です。
 
しかし故スティーブ・ジョブズ氏がAppleのCEOとして復活した1998年、同氏は1日のうちに全事業部門のマネージャーを解雇して、会社全体をひとつの機能的な組織にしてしまいました。
 
そしてポドルニー氏によれば、当時の約40倍もの規模に成長した現在も、Appleは同様の形態を維持しています。つまり組織図を見ると、別個になっているのはティム・クックCEOひとりで、あとはすべての部署(デザイン、ハードウェア・エンジニアリング、ソフトウェア、マーケティングなど)が同列に並んでいます。各部署は「製品」ではなく、「機能」別となっています。つまり「iPhone事業部」や「Mac事業部」は存在しないのです。
 
専門家が専門家を率いるApple
ではなぜAppleは機能を中心に組織化されているのでしょうか。ポドルニー氏は、革新的な製品を生み出すには「特定の分野に専門的な知識を持った専門家が必要」だとAppleが考えているためだと述べています。
 
多くの大企業では、管理能力に長けた人物(マネージャー)が、専門家が所属する事業部門を率いていますが、Appleにはこのマネージャーが存在しません。ハードウェア部門の人間は全員がハードウ

リンク元

Comments

Copied title and URL