10,000PPIの超高解像度な有機ELディスプレイ、スタンドフォード大とサムスンが開発

download - 10,000PPIの超高解像度な有機ELディスプレイ、スタンドフォード大とサムスンが開発 最新ニュース
スタンフォード大の研究者、Mark Brongersma氏とSamsung Advanced Institute of Technology(SAIT)は、最大10,000PPI(Pixel Per Inch)という超高画素密度を実現できる、有機ELディスプレイの新たなアーキテクチャーを開発した。
Source: PHILE WEB

リンク元

Copied title and URL