Appleが開発中のARグラスはジョナサン・アイブ氏のデザイン哲学が反映されている?

SS 0 26 First Apple Glasses Video - Appleが開発中のARグラスはジョナサン・アイブ氏のデザイン哲学が反映されている? apple製品情報

 
Appleは2015年末、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の開発に特化した「Technology Development Group(通称:TDG)」という新たなチームを形成し、2つのARヘッドセットの開発を行ってきましたが、2018年に当時Appleで最高デザイン責任者を務めていたジョナサン・アイブ氏が同チームの開発方針に異論を唱えたことで、ARグラスの形状が現在開発中の軽量型のタイプに定まっていった経緯が明らかになりました。
開発されていた2つのARヘッドセット
Appleの内部事情に詳しいBloombergのマーク・ガーマン氏は、AppleのARヘッドセットは当初2種類開発されていたものの、アイブ氏の提言によりAppleグラス/メガネと巷で呼ばれる軽量タイプのみの開発に切り替えられた、とApple社内の開発秘話を語っています。
 
2015年に作られたVR/ARに特化したAppleの開発チームTDGは、社外には存在が公にされていない秘密ユニットとして知られており、メディアに取り上げられることがほとんどない役員のマーク・ロックウェル氏により率いられています。
 
Dolby LaboratoriesやAvid Technologyで務めたロックウェル氏は、1,000人の選りすぐりのエンジニアを引き連れ、コードネーム「N301」と「N421」の元、2つのARヘッドセットの開発を行ってきました。
 
N301は、VRとARの両方に対応したゲーム向けのヘッドセットで、N421は軽量のARのみ使用可能のメガネ型のデバイスです。
 
N301は、非常にパワフルなシステムで、グラフィック機能と処理速度はウェアラブル製品としては異例の高さを誇っていたとされていますが、あまりに強力すぎたため、発熱の問題があり、ヘッドセットから切

リンク元

Comments

Copied title and URL