新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」のDL数が3日で約326万に〜不具合も報告

Ea27jQBU8AE0EkI - 新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」のDL数が3日で約326万に〜不具合も報告 apple製品情報

 
6月19日に配信開始となった厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」ですが、リリースから3日目の6月22日17時時点で、ダウンロード数が約326万件に達したことがわかりました。
ダウンロード数は順調に推移
AppleとGoogleが共同開発したアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)をベースにした「COCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)」が配信されてから3日経ちますが、順調にダウンロード数は伸びているようです。
 
アプリ公開から1日でダウンロード数は約179万件に到達し、2日目には約241万ダウンロードに達しました。3日目の6月22日夕方時点では約326万へとダウンロード数は推移しています。
アプリの不具合が報告
COCOAは公開日から1カ月間はあくまで試行版(プレビュー版)であり、継続的にデザイン・機能が改善されていくため、アプリが更新されている場合は最新バージョンに随時アップデートすることを厚労省は奨励しています。
 
ソーシャルメディアではすでにいくつかアプリの不具合が報告されています。
 
システムの使用開始日が簡単に変更できてしまう?
厚労省のCOCOA専用ページには、「利用の開始日が今日の日付で表示されることが確認されています」と利用開始日に関する不具合が発表されていますが、正しくは、システム日付でアプリ利用開始日が登録されるバグで、過去にさかのぼってあたかも2週間前から接触確認アプリを使用していたかのように見せかけることもできると報告されています。
 
実際に、Twitterユーザーのpiyokango(@piyokango)は、「2020年6月1日から使用中」に設定できたと、アプリのスクリーンショット画像を投稿

リンク元

Comments

Copied title and URL