Salesforceエコシステムのバックアップで知られるOwnBackupが約53.8億円を調達

download - Salesforceエコシステムのバックアップで知られるOwnBackupが約53.8億円を調達 最新ニュース
OwnBackupは、主にSalesforceエコシステムのバックアップと障害復旧システムで知られている。米国時間7月7日、同社は5000万ドル(約53億8000万円)の資金調達を発表した。
このラウンドを主導したのはInsight Partnersで、Salesforce VenturesとVertex Venturesが参加した。同社は1年前に2300万ドル(約24億7400万円)を調達(GlobalNewswire記事)している。同社によれば、これまでの調達金額の合計は1億ドル(約107億5000万円)を超えたという。
OwnBackupのバックアップと復旧の事業の大部分はSalesforceのエコシステムに関わるものなので、Salesforce Venturesが資金調達に参加したことは驚きではない。ただしOwnBackupは、新たに得た資金で事業を拡張しようとしている。
OwnBackupのCEOであるSam Gutmann(サム・ガットマン)氏はTechCrunchに対し「我々はこの2年半の間、Salesforceエコシステムに関わって大きな成長を遂げてきた。VeevaやnCinoといった他のISVパートナーはSalesforceの分野に集中している。しかし我々は今回の資金によって、今後1年間でいくつかの新たなエコシステムに手を広げていく」と述べた。
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しているが、ガットマン氏によればOwnBackupは成長を続け、直近の四半期では250社の顧客を新たに獲得した。顧客数は2000社以上、従業員は250人を超えたという。
今回のラウンドは5月初めにクローズしたが、困難な時期もあったという。パンデミックによって世界中に、特に米国に影響が出始めた時期だったからだ。既存の投資家が投資を控えた場合に備えて、ガットマン氏は新し

リンク元

Copied title and URL