セコイアキャピタルがインド・東南アジア向けに1450億円でベンチャーファンドとグロースファンドを設立

download - セコイアキャピタルがインド・東南アジア向けに1450億円でベンチャーファンドとグロースファンドを設立 最新ニュース
Sequoia Capital India(セコイアキャピタル・インド)は米国時間7月6日にLP(リミテッド・パートナー)から13億5000万ドル(約1450億円)を調達し、新たなファンドを2つ設立することを発表した。著名なベンチャーキャピタルは世界第2位のインターネット市場である東南アジアへの投資を強化しようとしている。
2つの新規ファンドである5億2500万ドル(約560億円)のベンチャーファンドと8億2500万ドル(約890億ドル)のグロース(成長株)ファンドは、インドと東南アジアで運営する同ベンチャーファンド にとって、地域のスタートアップエコシステムを包括的に支援するために重要な存在だ、とSequia Capital IndiaのマネージングディレクターであるShailendra Singh(シャイレンドラ・シン)氏は語った。
「資金の調達は、非営利団体や基金、慈善団体が大部分であるSequoiaのリミテッドパートナーに、魅力的なリターンを提供するための責任である。我々は分野を代表する企業を設立している並外れた起業家と協力してこれを推進している」と同氏はいう。
Sequoia Capital Indiaは、元Google India(グーグル・インディア)のトップであるRajan Anandan(ラジャン・アナダン)氏と元Uber India(ウーバー・インディア)の責任者であるAmit Jain(アミット・ジェイン)氏を2019年に雇用し、同年に50件以上の投資を完了した。これはイmンドのどのVCよりも多い。
2019年インドVC上位、実施した投資の回数に基づく。画像クレジット:InnoVen
同社は14年前にインドでの投資を始め、2018年にはインドおよび東南アジア向けに6億9500万ドル(約750億円)のファンドを設立した(未訳記事)。同地域で6件目のファン

リンク元

Comments

Copied title and URL