iPhone12シリーズが120Hzディスプレイを搭載しなかった理由とは

EkmwUF1X0AQeo3C e1603022933109 - iPhone12シリーズが120Hzディスプレイを搭載しなかった理由とは apple製品情報

 
iPhone12シリーズのうち、少なくともProモデル2機種については、リフレッシュレート120Hzのディスプレイが搭載されるとの噂が流れたものの、実現しませんでした。
 
ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCのロス・ヤング氏が、Twitterでその理由を述べています。
SDCとLGDは2021年にLTPO生産能力を拡大
リーク情報で知られるマックス・ワインバック氏による「AppleがiPhoneに120Hz(ディスプレイ)を搭載せず、Samsungの新しいディスプレイ技術を待っているのには、おそらく理由があるのだろう」との投稿に答える形で、ヤング氏は次のように解説しています。
 
「大きな理由がある。SamsungにおけるApple向け製造ラインは現在もまだ多結晶低音ポリシリコン(LTPS)だ。2021年にはこれらが低音多結晶酸化物(LTPO)に変わる。Appleは(LTPOディスプレイを)出荷する前に、十分時間をかけて評価したいのだと思う」
 
There is a great reason, Apple's capacity at Samsung is still LTPS. They will convert to LTPO in 2021. Apple will want to spend plenty of time evaluating it as well before shipping it…
— Ross Young (@DSCCRoss) November 13, 2020

 
またヤング氏は「Apple向けにパネルを供給するLG Display(LGD)もSamsung Display(SDC)も、2021年にはLTPOの生産能力を拡大する」ともツイート

リンク元

Comments

Copied title and URL