2台のNew Echoをステレオスピーカーとして運用するのがコスパに優れた選択肢

download - 2台のNew Echoをステレオスピーカーとして運用するのがコスパに優れた選択肢 最新ニュース
Amazonは10月22日、スマートスピーカーの第4世代モデル「New Echo」(第4世代Echo)を発売した。価格は税込1万1980円。現在Echoシリーズには多くのラインナップが用意されているが、価格的にも、サイズ的にもNew Echoは主力製品といえるだろう。
Amazon「New Echo」(第4世代)。税込1万1980円
「ラジカセ」世代の筆者だが、最近は基本的にサブスクリプションの音楽配信サービスを利用しており、オーディオコンポではなくスマートスピーカーで音楽を聴いている。Echoシリーズも複数機種を利用中なので、他モデルとも比較しつつレビューしていこう。
球体デザインに変更してDolbyステレオサウンドに対応
New Echoのサイズは144×144×133mm、重量は940g。第3世代までは円筒形だったが、底面を少し切り落としたような球体デザインに変更された。
上部には3.0インチのウーファー、前面やや左右の位置には0.8インチのツイーターがふたつ内蔵されており、Dolbyステレオサウンドに対応している。
本体前面。本体カラーは、グレーシャーホワイト、チャコール、トワイライトブルーの3色が用意されている
上部の本体奥にアクションボタン、手前にマイクオフボタン、左右にボリュームボタンが配置
本体背面下部には電源端子と3.5mmオーディオ入出力端子を用意。3.5mmオーディオ入出力端子の入出力は「Alexa」アプリから切り替える
同梱品は本体、電源アダプタ(30W)、クイックスタートガイドのみ
電源アダプター(30W)の仕様は、入力100-240V~1.0A、出力18.0V/1.67A。電源ケーブルの長さは実測150cm。設置の自由度を考えると200cmはほしいところだ
第3世代Echoは、3.0インチのウーファーと0.8インチのツイーターを内蔵した360度全

リンク元

Copied title and URL