経済の不確実性にも関わらず7月6日にハイテク株が新記録更新

download - 経済の不確実性にも関わらず7月6日にハイテク株が新記録更新 最新ニュース
新型コロナウイルス(COVID-19)の記録的な感染拡大にも関わらず、米国時間7月6日の米国株は上昇した。すべての主要な指数が取引時間中に上昇し、その中でもハイテク株はさらに良かった。
ナスダック総合株価指数は6日に過去最高値を記録し、10462.0に達した後10433.65で取引を終了し同日2.21%上昇した。同様にテクノロジーの比重が大きいSaaS・クラウド企業バスケットは乱高下し、一時は1952.39に達したものの、午後は1908.30で終了した。こちらも過去最高値だった。
これがハイテク企業の健康状態に関するウォール街の雰囲気だ。強気心理がハイテク株を押し上げていることは容易に想像できる。本日垣間見えた熱狂をいくつか例に取って描いてみよう。
Yahooファイナンスによると、最近IPOしたLemonade(未訳記事)の時価総額は現在47億ドル(約5100億円)だ。この株価と年換算した第1四半期の売上高に基づくマルチプルは約45倍となる。SaaS企業としてはぎょっとする数字だ。ただし、以前書いたようにLemonadeの粗利益はSaaS企業らしくないところがあり(未訳記事)、解約率も高い。同社の株価は明確な理由もなく今日約17%上昇した。
テスラの株価は今日13%以上上昇し1371.58ドルとなった。同社の時価総額は2500億ドル(約26兆9000億円)を超え、(株価と時価総額という)2つの面で大きく躍進した日となった。Yahooファイナンスによればアナリストによる直近四半期の売上高予想は48億3000万ドル(約5200億円)だ。これは2019年4-6月四半期に計上した売上高63億5000万ドル(約6800億円)を下回った(Teslaリリース)。2019年7月1日以降、テスラの株価は450%を超える上昇をみせたが、市場は同社の売上高は減少すると予測している。
Amazo

リンク元

Copied title and URL