Magic Leapの新CEOに前マイクロソフト副社長のペギー・ジョンソン氏

download - Magic Leapの新CEOに前マイクロソフト副社長のペギー・ジョンソン氏 最新ニュース
Magic Leap(マジック・リープ)は、Microsoft(マイクロソフト)の前事業開発担当上級副社長であるPeggy Johnson(ペギー・ジョンソン)氏が新CEOに指名されたと声明で明らかにした。
2020年8月1日付でMagic LeapのCEOに就任するジョンソン氏はテック業界で30年のキャリアを持つ。
Magic Leapにとって2020年は何かと騒がしい年となっている。資金難で倒産に直面し、4月に従業員の大半を解雇した。そして社を何とか存続させるために救済投資家を探し回った。The New York Timesによるとフロリダ拠点のParadiseがMagic Leapが必要とする3億7500万ドル(約400億円)の資金を確保したが、Rony Abovitz(ロニー・アボビッツ)氏のCEO退任が条件だった。
資金調達で10億ドル(約1080億円)超をかき集めた空間コンピューティングの未来に対するビジョンを有していたアボビッツ氏は、約束した通りにプロダクトをリリースすることができなかった誇大宣伝の人物だった。
Magic Leapが今回得たジョンソン氏は、2014年にマイクロソフトのCEOであるSatya Nadella(サティア・ナデラ)氏がQualcomm(クアルコム)から幹部として引き抜いた人物だ。マイクロソフトで同氏は事業開発を担当し、同社の数多くの買収や提携を手がけた。ここには262億ドル(約2兆8000億円)のLinkedIn買収も含まれる。58才の同氏はまた、マイクロソフトのベンチャーキャピタルファンド(M12として知られる)も立ち上げた。
ジョンソン氏は、フォーカスを消費者から法人へと移したMagic Leapを引き継ぐ。この戦略は、マイクロソフトの拡張現実プロダクトであるHoloLensと、ウェアラブルテックの先駆者Google Glass

リンク元

Comments

Copied title and URL