経営管理特化クラウド「Loglass」正式リリース、8000万円の資金調達実施も

download - 経営管理特化クラウド「Loglass」正式リリース、8000万円の資金調達実施も 最新ニュース
写真中央:ログラス代表取締役CEO布川友也氏
経営企画部門の経営管理業務に特化したクラウドサービスを開発・提供するログラスは7月8日、プロダクト「Loglass」の正式リリースを発表した。同社は同時に、前田ヒロ氏がマネージングパートナーを務めるALL STAR SAAS FUNDからの出資と日本政策金融公庫からの借入により、総額8000万円の資金調達を実施したことを明らかにしている。
経営管理に特化したクラウドツール「Loglass」
企業の情報処理ツールのクラウド化はさまざまな領域で進んできた。経理部門向けの会計クラウドや営業向けのCRM・SFA、人事・労務管理ツールに経営分析のためのBIツール。多くの領域で経営情報がデータベース化されているが、「実は経営管理領域では、いまだにみんなExcelを使っている」とログラス代表取締役CEOの布川友也氏は指摘する。
布川氏は新卒でSMBC日興証券に入社し、投資銀行部門に在籍。その後ゲームメディアなどを運営するGameWithで上場直後に経営戦略を担当し、2019年5月にログラスを設立した。新卒から起業までの間、働き方改革の波を実感してきた布川氏は、「労働人口減でバックオフィスに人を割かない傾向にある今、システム化が特に大企業で進んでいる。新型コロナ感染拡大でさらにその傾向は強まり、問い合わせも増えていて、経営管理クラウドは時代の流れにマッチしている」と述べている。
自身が経営企画部門に属していた布川氏は、CFOや経営企画の担当業務について、こう話している。「経営企画の業務には定型のものと非定型のものがある。このうち経営管理は定型化しきれず、工数が大きい業務となっていて、投資や経営分析といった付加価値の高い業務に割くべき時間を奪っている」(布川氏)
その理由に「みんながExcelを使わざるを得ない、構造的・技術的な問題がある」と布

リンク元

Comments

Copied title and URL