フェイスブックボイコットのリーダーたちがザッカーバーグ氏とサンドバーグ氏との会談に「失望」

download - フェイスブックボイコットのリーダーたちがザッカーバーグ氏とサンドバーグ氏との会談に「失望」 最新ニュース
そもそもポリシーの欠陥とされる問題の責任をFacebook(フェイスブック)にとらせようとして始まった活動家団体の比較的小さな運動(未訳記事)は、大規模な企業の反発という形で膨れ上がり、誰の手も届かないテック業界の巨人としてその地位を謳歌していた企業を、まさかの不快な状況に追い込んだ。
#StopHateforProfit(営利目的のヘイトを阻止しよう)キャンペーンに思いも寄らぬ大手企業が数多く惹きつけられ、フェイスブックへの広告出稿ボイコットが続く中、Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏、Sheryl Sandberg(シェリル・サンドバーグ)氏そしてこのほど最高製品責任者としてフェイスブックに復帰したChris Cox(クリス・コックス)氏(未訳記事)は、米国時間7月7日に活動家団体と会談を行った。1時間を少し超えたこの話し合いには、フェイスブックのポリシー担当チームと製品チームのメンバーも数人加わっていた。
フェイスブックの最高クラスの幹部たちとの話し合いを終えた後、ボイコットを先導する4つの団体のリーダーたちは、この会談には失望したと明言した。「本日、私たちが発見したことはほとんどなく、ほとんど何も聞くことができませんでした」と、Anti-Defamation League(名誉毀損防止同盟、ADL)のCEOであるJonathan Greenblatt(ジョナサン・グリーンブラット)氏は話した。さらにグリーンブラット氏は、大成功を収めたこのオンライン広告プラットフォームの拡大に貢献しているヘイトや偽情報といった問題に関して、フェイスブックが「意欲も急ぐ様子も」示さなかったことに対する失望も露わにした。
Color of Change(カラー・オブ・チェンジ)の代表であるRashad Robinson(ラシャド・ロビンソン)氏は「参加したことで最

リンク元

Comments

Copied title and URL