Appleシリコンのハードウェア戦略とは?役員インタビュー

chip cpu  dg71gt6zecya medium - Appleシリコンのハードウェア戦略とは?役員インタビュー apple製品情報

 
Appleは初のAppleシリコンとなるM1チップを搭載した13インチMacBook Pro、MacBook Air、そしてMac miniを発表しました。米メディアArs Technicaが、Appleの役員3名に対し、Appleシリコンに関する長時間インタビューを行いました。
 
インタビューに答えたのは、Appleのグレッグ・ジョズウィアック氏(ワールドワイド・マーケティング上級副社長)、クレイグ・フェデリギ氏(ソフトウェア・エンジニアリング上級副社長)、ジョニー・スルージ氏(ハードウェア・テクノロジー上級副社長)です。
なぜ3モデルにM1チップが搭載されたのか
Apple初のAppleシリコンであるM1チップがいかに高性能で優れたチップであるかは、すでに様々なベンチマークテストなどで立証されています。
 
ではM1チップはなぜ、まず13インチMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniに搭載されたのでしょうか。
 
ひとつ考えられるのは、Mac製品の中でも比較的ローエンドのモデル、つまり性能の高さが最優先されていないMacに搭載し、性能を向上させる(ある意味実験的な?)ということです。
 
残念ながらAppleは、今後AppleシリコンをどのMacに搭載するかは明らかにしていませんが、噂では16インチMacBook Proが有力候補に上っています。
MacBookがMacBook Airより優れている点とは
すでに複数のメディアが報告している通り、3モデルのMacに搭載されているM1チップは基本的に同じものです(MacBook AirのM1チップのみ、CPUコアが8個ではなく7個であるという違いを除く)。
 
ではGPUコア数の違い以外で、MacBook ProがMacBook A

リンク元

Comments

Copied title and URL