iPhone12 miniの小型化の秘密に迫る分解レポート、iFixitが公開

iPhone12mini iFixit 1 - iPhone12 miniの小型化の秘密に迫る分解レポート、iFixitが公開 apple製品情報

 
Appleが世界最小・最軽量の5G対応スマートフォンとアピールするiPhone12 miniの詳細な分解レポートを、各種ガジェットの分解で知られるiFixitが公開しています。
米国モデルと欧州モデルの比較も
iFixitが公開したiPhone12 miniの分解レポートは、大きな筐体を持つiPhone12とほぼ同等の機能を小型のボディに詰め込むことができた秘密に迫るものとなっており、レポートは2部構成で公開されました。
 
なお、iFixitは、iPhone12/iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの分解動画も公開しています。
 
分解レポートは、ミリ波に対応した米国モデルと、ミリ波非対応の欧州モデルとの比較を織り交ぜながら進んでいます。
小型化のため、随所に工夫
iPhone12 miniのディスプレイも、iPhone12/iPhone12 Proと同様、右側から開く構造となっています。
 
 iPhone12 miniとiPhone12を比較すると、本体の小型化のために以下の変更が加えられていることが分かります。
 
 
ディスプレイケーブルが2本(iPhone12は3本)
バッテリー容量は8.57Whで、iPhone12の10.78Whから約20%縮小
Taptic EngineをiPhone12から約25%小型化
スピーカーの小型化
ディスプレイ用パーツの移設
Face ID用TrueDepthカメラのパーツ配置の変更
 
 
カメラユニットは交換可能
デュアルカメラユニットには、iPhone12のようなスペーサーもなく、少しのスペースも無駄なく使い切る設計になっています。
 
 
なお、iPhone12 miniの

リンク元

Comments

Copied title and URL