6.8型液晶ディスプレーも搭載、ライズバイ3対応キーボード一体型PC「DevTerm」が2021年4月発売

0001 16 - 6.8型液晶ディスプレーも搭載、ライズバイ3対応キーボード一体型PC「DevTerm」が2021年4月発売 最新ニュース

Clockwork Techは11月20日、Raspberry Pi コンピュートモジュール 3+(CM3+ LITE)を内蔵可能なキーボード一体型小型PC「DevTerm」のプレオーダーを開始した。6.8インチIPS液晶ディスプレーを搭載し、発売は2021年4月予定。組み立てキットの体裁になっており、12歳以上対象としている。
価格は、Raspberry Pi CM3+ LITE同梱モデル「DevTerm Kit RPI-CM3 series」が219ドル(約2万2746円)から。ARM Cortex-A53など搭載の独自コアモジュール同梱/1GBまたは2GBメモリーモデル「DevTerm Kit A04 series」が249ドル(約2万5861円)から。58mm感熱式(200dpi)サーマルプリンター付きの独自コアモジュール同梱/2GBまたは4GBメモリーモデル「DevTerm Kit A06 series」が319ドル(約3万3131円)から。
DevTermは、Raspberry Pi コンピュートモジュール 3(Raspberry Pi CM3)をセット可能なclockworkPi v3.14モジュールを内蔵。6.8インチのIPS液晶ディスプレーを搭載するほか、無線機能としてW-Fi(11ac)およびBluetooth 5.0をサポート。別売のリチウムイオン二次電池「18650電池」をセットすることで、バッテリー駆動も可能。

底面側のカラーバリエーションは、「Retro Gray」(レトロ グレイ)と「Transparent Gray」(トランスペアレント グレイ)の2種類を用意。こちらはRetro Gray
こちらは、Transparent Gray
6.8インチIPSスクリーンの解像度は1280×480ピクセル
独自コアモジュール搭載の場合、OSと

リンク元

Comments

Copied title and URL