英国で最大の遺言書作成者となったオンライン遺言・火葬サービスのFarewillが約27億円調達

download - 英国で最大の遺言書作成者となったオンライン遺言・火葬サービスのFarewillが約27億円調達 最新ニュース
毎日の新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大のニュース、新型コロナ関連死の悲しいニュース、ロックダウンに伴う生活面での制限によって、多くの人が死ぬべき運命の概念を意識している。一部の人は実際に死への対応を迫られている。そして7月8日、死に関する一連のサービスを構築したスタートアップがこの業界でさらに成長しようと資金調達を発表した。
オンラインで遺書を残したり、相続税や不動産にかかる納税の分類などの遺言検認サービス、火葬命令などを手配可能なサービスを提供している英国のスタートアップFarewill(フェアウィル)は、2000万ポンド(約27億円)を調達した。この資金で、事業を成長させるだけでなく、自身、そして愛する人の死に伴って発生する作業をサポートしたいと同社は考えている。
「死を恥ずかしいものにしないことで手助けしたい」とFarewillのCEOであるDan Garrett(ダン・ギャレット)氏は命題の難しさについてインタビューで述べた。「我々は皆、死に向き合わなければならない。死は皆の中にある。しかし我々の大半は心理的に死について考えないようにしている。その結果、顧客のことを考えない業界の言いなりになってきた」。
もう想像がついているかと思うが、社名は「farewell(別れ)」にかけている。「言葉のひっかけを考えると、会社を始められる」とギャレット氏は皮肉めかして述べた。
今回の資金調達はHighland Europeがリードし、Keen Ventures、Rich Pierson of Headspace、Broadhaven Ventures、Venture Founders、そして既存投資家からAugmentum Fintech、Taavet Hinrikus of TransferWise、Kindred Capitalが参加した。シリーズAラウンドは

リンク元

Comments

Copied title and URL