MacBook ProのTouch BarでForce Touchが復活か〜特許情報

Haptic Touch Bar - MacBook ProのTouch BarでForce Touchが復活か〜特許情報 apple製品情報

 
Appleが、MacBook ProのTouch Barに、Force Touchもしくは3D Touchのような機能を組み込むことを示唆する特許申請を行っていたことが、現地時間2020年11月26日、米国特許商標庁(USPTO)により公開されました。
公開された特許の概要
USPTOで公開された特許は、「フォース・センサーと、同一面のディスプレイ」と題されたもので、メインディスプレイではなくセカンドディスプレイ、この特許に記載された内容ではMacBook Proに搭載されたTouch Barに、フォース・センサーを組み込む内容が記載されています。
特許情報内の、Touch Barの動作
Patently Appleの報道によれば、この特許申請には、MacBook ProのTouch Barにフォース・センサー、つまりiPhoneに搭載されていた3D TouchやApple Watchに搭載されていたForce Touchのようなセンサーを組み込む際の構造と動作が記されています。
 
 
セカンドディスプレイ(Touch Bar)の素材には、力を加えるとわずかに変形するガラス、プラスチックなどの透明な素材が用いられるが、変形量が少ない場合にユーザーはそれを認識できない可能性があるため、その際は図表3の260番に記載された検知回路が力が加えられたこと、押されたことを検知し、Force Touchのように反応すると特許には記されています。
 
3D TouchやForce Touchでは、ユーザーが押し込む操作を行った場合に、ディスプレイが軽く振動するなどの反応を返していました。
 
この特許に記載された、Force Touch付きTouch Barが実現した場合、他のAppleデバイスでは廃止された機能が、Touch

リンク元

Comments

Copied title and URL