電気自動車開発のFiskerが2022年のSUV生産開始へ向け約54億円調達

download - 電気自動車開発のFiskerが2022年のSUV生産開始へ向け約54億円調達 最新ニュース
電気自動車のスタートアップFisker(フィスカー)は米国7月8日、5000万ドル(約54億円)を調達したことを明らかにした。同社のラグジュアリーな全電動SUVのエンジニアリング作業を次の段階に進めるのに必要な資金だ。
同社は2022年のFisker Ocean SUV発売を目指している。
今回のシリーズCラウンドは、億万長者のヘッジファンドマネジャー、Louis M. Bacon(ルイス・M・ベーコン)氏のプライベート・インベストメント・ビヒークルMoore Strategic Ventures  LLCがリードした。
「今年初めのCESで初めて車を披露して以来、顧客や投資家からの反応はかなり好意的なものだった」とFisker Inc.の会長でCEOのHenrik Fisker(ヘンリック・フィスカー)氏は声明で述べた。「我々は車の開発や販売に関し、型にはまった業界の考え方に徹底的に挑戦している。今回の資金で2022年までに車両生産を開始するというタイムラインを実行できる」
同社はまた、プロジェクトの推進をサポートする役員も強化している。フィスカー氏は、CTOとしてBurkhard Huhnke(バークハード・ハンケ)氏を迎え入れたと述べた。ハンケ氏はVolkswagen America (フォルクスワーゲン・アメリカ)eモビリティの前副社長で、チップメーカーSynopses(シノプシズ)で自動車担当副社長を務めた。
CTOとしてハンケ氏はロサンゼルスでのR&D作業と、シリコンバレーに新設したフィスカー・イノベーション・ラボの両方に時間を割く。
車会社を設立することは簡単ではない。フィスカー氏に聞くといい。Aston Martin(アストン・マーティン)のV8 VantageやDB9、BMW Z8などを手掛けた著名な車デザイナーであるフィスカー氏は、ラグジュアリー

リンク元

Copied title and URL