高くても大手キャリアを使うメリット、MVNOの普及進まない理由は?MMD研究所が分析

SIMcard iPhone12ProMax 3 - 高くても大手キャリアを使うメリット、MVNOの普及進まない理由は?MMD研究所が分析 apple製品情報

 
2017年から2020年にかけてモバイル通信業界各社のシェア動向、格安SIMの認知状況、4大キャリアユーザーが感じているメリットなどをまとめたレポートを、モバイル業界に強みを持つ調査会社のMMD研究所が公開しました。
さまざまな動きがあった2020年
2020年は、4月に楽天モバイルが月額一律2,980円の料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」で第4のキャリアとして参入したほか、10月にUQ mobileがKDDIに移管されて正式にサブブランドとなるなど、大きな動きがありました。
 
また、「携帯電話料金の値下げ」を重要政策として掲げる菅内閣が発足し、ソフトバンクとKDDIがサブブランドから新料金プランを発表、最近ではNTTドコモによるメインブランドでの値下げが報じられるなどの動きも目立ちました。
2017年と2020年、シェアの違いは
MMD研究所が実施した調査結果における、メインで利用されている各社のシェアを2017年9月と2020年11月で比較したのが以下のグラフです。
 
 
2017年の時点では、NTTドコモが33.4%、auが29.8%、ソフトバンクが23.9%で、3キャリア合計で87.1%と約9割のシェアを握っています。
 
2020年では、NTTドコモが34.9%、auが24.6%、ソフトバンクが15.5%、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)が2.5%で、4キャリア合計で77.5%です。
 
ここに、サブブランドであるY!mobileの7.2%、UQ mobileの3.0%を足すと、3大キャリアとサブブランドの合計で85.2%と、大手キャリアによる寡占状態が続いていることがわかります。
大手キャリアのシェア低下、MVNOは頭打ちか
「大手4キャリア」「サブブランド」「M

リンク元

Comments

Copied title and URL