災害時用無線LAN「00000JAPAN」、熊本、大分、鹿児島、福岡の全域で開放

00000JAPAN - 災害時用無線LAN「00000JAPAN」、熊本、大分、鹿児島、福岡の全域で開放 apple製品情報

 
令和2年7月豪雨に対応し、災害用統一SSID「00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)」による公衆無線LANサービスが、熊本県、大分県、鹿児島県、福岡県の全域で提供されています。
熊本県、大分県、鹿児島県、福岡県の全域で開放
「00000JAPAN」は、災害発生時に無料開放される公衆無線LANサービスで、大手通信キャリアなどが通常は顧客向けに提供しているサービスを、契約に関係なく利用可能にするサービスです。
 
一部地域で携帯電話がつながりにくい状態も発生している令和2年7月豪雨に対応し、7月9日12時から順次、熊本県、大分県、鹿児島県、福岡県の全域で「00000JAPAN」が利用可能となっています。
 
iPhoneで「00000JAPAN」を利用するには、「設定」アプリのWi-Fiメニューから「00000JAPAN」をタップするだけで接続できます。
 
なお、携帯電話キャリア各社は、災害伝言サービスを提供しているほか、被害を受けた方を対象に支払い期限延長などの支援措置を実施しています。
セキュリティより利便性重視のため、注意点も
「00000JAPAN」は、災害発生時に誰でも使える利便性を重視しているため、通信の暗号化といったセキュリティ対応が実施されていないことには注意が必要です。
 
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会は、「00000JAPAN」の利用にあたって、緊急時の安否確認や情報収集にとどめるよう勧めてます。
 
また、IDとパスワードなど個人情報の入力、金融系サービスの利用にあたっては、HTTPSやVPNなどのセキュリティ対策を実施することを推奨しています。
 
 
 
Source:一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
(hato)
Sou

リンク元

Copied title and URL