Webシステムにリアルタイムで操作ガイドを表示する「テックタッチ」が5億円を調達

download - Webシステムにリアルタイムで操作ガイドを表示する「テックタッチ」が5億円を調達 最新ニュース
企業向けにWebシステム活用支援SaaS「テックタッチ」を提供するテックタッチは7月10日、DNX Ventures、Archetype Ventures、DBJキャピタルなどを引受先とした第三者割り上げ増資により、総額5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。
今回は、2019年9月発表の1.2億円の資金調達に続く調達でシリーズAラウンドに当たり、DBJキャピタルは新規株主、DNX Ventures、Archetype Venturesはフォローオン投資となる。また、今後追加でベンチャーデットによる数億円の調達も予定しているという。
プログラミング不要でWebシステムに操作ガイドをアドオン
テックタッチは、Webシステムの画面上にリアルタイムで操作ガイドを表示できる、操作支援ツールだ。Webシステムであれば、SFAやCRM、経費精算、ワークフロー系といった社内システム、あるいは社外の顧客向けシステムなど、どんなものにも適用できる。
ガイドは実際の操作画面上に現れるので、操作内容は実データとしてシステムに即反映される。「マニュアルをと操作画面を開いて、両方の画面を首っ引きで追いかけながら入力する」あるいは「チュートリアルが流れた後、内容を思い出しながら操作する」といったこともない。
またガイドの作成にはプログラミングスキルは不要。システムの画面上で「どこで、どんなアクションをするか」吹き出しやポップアップなどを使いながら、説明文をテキストで入力すれば操作ガイドが作成できる。これまでなら画面キャプチャーをWordやExcelに貼って、吹き出しなどで注釈を入れてマニュアル作りをしていたところが、テックタッチを使えば画面に直接書き入れたものがリアルタイム表示されるガイドになる、といったイメージだ。
テックタッチ ガイド作成イメージ
スクラッチで開発されるシステムのチュート

リンク元

Copied title and URL