【iOS14】セルフィーを「自分が見ている顔」で撮影可能に

mirror front camera iphone e1594332943296 - 【iOS14】セルフィーを「自分が見ている顔」で撮影可能に apple製品情報

 
iPhoneで自撮りした時、撮影した写真が「思っていたのと違う」という時はないでしょうか。これは、撮影時に自分が見ている「顔」は、実際に撮られている顔を反転したものだからです。
 
iOS14では、自分が見ている顔と、撮影した写真を一致させる設定が追加されています。
iOS14では反転したセルフィーが保存可能に
セルフィーを撮影する時、iPhoneの画面にはフロントカメラ(FaceTimeカメラ)で撮影する顔を反転したものが写ります。これは私達が鏡で見慣れている自分の顔です。
 
セルフィーを撮影すると、「写真」アプリに保存されるのは「カメラから見た顔」で、画面に写っていた反転写真のほうは保存されません。
 
本来はカメラから見た顔が正しい訳ですが、見慣れている「反転した顔」の写真を保存したい、という声は以前から多くありました。iOS14ではついにこの要望が叶えられ、常に反転した自撮り写真を保存できるよう、設定可能となります。
 
反転したセルフィーを撮影するには
「設定」を開きます。
下へスクロールして「カメラ」を選択します。
「コンポジション」にある「フロントカメラを反転(Mirror Front Camera)」のトグルをオンにします。
 
 
これはiOS14からの新しい設定ですが、iOS13以前でも、手動で反転させることができます。ただし撮影した後に、1枚ずつ行う必要があります。
 
iOS13以前でセルフィーを反転させるには
「写真」アプリの「アルバム」から「セルフィー」を選択します。
反転させたい写真を選び、「編集」をタップします。
一番下にある3つのボタンのうち、一番右側の「傾き補正」をタップします。
左上にある「反転」ボタン(三角が2つ並んだもの)を押して反転させ

リンク元

Copied title and URL