Apple Silicon、A12Z搭載DTKとMac miniを比較

Apple Silicon - Apple Silicon、A12Z搭載DTKとMac miniを比較 apple製品情報

 
AppleInsiderが、Apple Siliconを搭載した開発者移行キット(DTK:Developer Transition Kit)と、同じ筐体を使用するMac miniを比較しています。
DTKの筐体はMac miniで中身が異なる
 
DTKはMac miniの筐体を使用し、内部はApple Silicon、A12Z Bionic搭載とされています。DTKは500ドル(約54,000円)で借り受けることが可能です。
スペック比較
 
比較はMac miniのベースモデルであるIntel Core i3-8100B搭載モデルと、ハイエンドモデルであるCore i7-8700B搭載モデルとの間で行われています。
 
Core i3-8100Bは動作周波数3.6GHzのクアッドコアプロセッサです。Core i7-8700Bは6コア12スレッド対応、動作周波数は3.2GHzでターボブースト時には4.6GHzで動作します。対してApple SiliconであるA12Zは最大動作周波数2.49GHzの8コアチップです。
 
キャッシュはCore i7-8700Bの12MBとCore i3-8100Bの6MBの中間となる8MBを、A12Zは搭載しています。
 
Geekbench 5 スコア
 
これらのプロセッサの、Geekbenchスコアを比較してみます。
 

プロセッサ
i3-8100B
i7-8700B
A12Z

シングルコア
949
1,205
1,118

マルチコア
3,197
6,024
4,625

 
A12ZのスコアはiPad Proでの計測値のため、放熱に制限を受けることを鑑み、フルパフォーマンス状態ではない可能性があるとAppleInsid

リンク元

Comments

Copied title and URL