【iOS14】ベータ1の動作速度は?iPhone各モデルで比較

iOS14beta1 Speedtest - 【iOS14】ベータ1の動作速度は?iPhone各モデルで比較 apple製品情報

 
現地時間6月22日に開幕した世界開発者会議(WWDC 2020)で発表され、開発者に提供されたiOS14ベータ1と、現時点で公開されている最新バージョンであるiOS13.5.1の動作速度を比較した動画を、iAppleByteが公開しました。
現時点で最新のiOS13.5.1と比較
iOS14は、iOS13と同じく、iPhone6s以降のiPhoneに対応します。iAppleByteがiOS14ベータ1と現時点で最新の正式バージョンであるiOS13.5.1の比較に使うのは、以下のモデルです。
 
iPhone SE(第1世代):2016年3月発売
iPhone6s:2015年9月発売
iPhone7:2016年9月発売
iPhone8:2017年9月発売
iPhone XR:2018年10月発売
 
動作テストは、電源オフから起動にかかる時間、各種アプリの動作速度、ベンチマークテストによって行われます。
 
iPhone SE(第1世代)
 
電源オフからの起動では、iOS14ベータ1のほうが若干時間がかかっているようですが、各種アプリの動作では目立った差は見られません。
 
 
iOS14でコンパクトになったSiriの様子も確認できます。
 
 
「GeekBench 5」と「Antutu」によるベンチマークテストの結果にも、大きな差は見られませんでした。
 
 
iPhone6s
 
続いて、iOS14が対応するiPhoneの中で、発売時期としては最も古いモデルとなるiPhone6sです。
 
電源オフからの起動、各種アプリの動作とも、気になるレベルの違いはみられません。
 
ベンチマークテストでは、「GeekBe

リンク元

Comments

Copied title and URL