マイクロソフトが「Together」モードでビデオ会議の疲れを軽減

download - マイクロソフトが「Together」モードでビデオ会議の疲れを軽減 最新ニュース
ビデオ会議。新型コロナウイルスのパンデミック中のリモートワークへの移行に伴い主流になったかもしれないが、問題がないわけではなく、いま使うのをやめる人も増えつつある。それにはもっともな理由がある。結局、きっちりとした四角に入った20人(全員背景が異なり、カメラを見ていない)に注意を向けようとしても、脳が集中力を維持するのは非常に難しい。これについては証拠となる逸話も多い。Microsoft(マイクロソフト)7月8日、この分野に関する調査の一部と、ビデオ会議を使いやすく疲労も抑えるTeams(チームズ)の新機能を発表した。
最初はTogether(トゥギャザー)モード。アイデアは実際にはかなりシンプルだ。TeamsにはすでにマイクロソフトのAIセグメンテーションテクノロジーが搭載されており、参加者を認識して背景から切り出し、背景を変更したりぼかしを入れたりできる。Togetherモードでは、全員の画像を共通の背景上に表示する。まず仮想の「講堂」から提供する。たくさんの小さな四角ではなく、会議参加者全員がこの講堂に座っているように見える。マイクロソフトの調査によると、標準のリモートコラボレーションツールより脳内の処理がかなり簡単になる。
画像クレジット:Microsoft
「当社の予備調査ではかなりのことがわかった。ただし調査はまだ予備的で、ほんの数カ月前しか調査していない」とマイクロソフトのMarissa Salazar(マリッサ・サラザール)氏は本日の発表に先立ち筆者に説明した。「何よりもまず、お互いを見る方法がこれまで慣れ親しんだものと明らかに異なることに気づくはずだ。人物がグリッドから外れただけでなく、『鏡の中の自分達』を見ることになる」。この方法についてマイクロソフトは、例えばよくやるように理髪店で鏡に向かって話しかけるのと同じだと主張する。こうして我々自身の脳を騙して

リンク元

Copied title and URL