iWorksの各アプリをアップデート、Webビデオの挿入が可能に

IMG 0515 - iWorksの各アプリをアップデート、Webビデオの挿入が可能に apple製品情報

 
AppleはiWorksアプリ(Numbers、Keynote、Pages)をアップデートしました。Mac版、iOS/iPadOS版の双方がアップデートされ、それぞれWebビデオを挿入できるようになっています。
YouTube、Vimeoに対応
今回のアップデートで文書、プレゼンテーション資料、スプレッドシート内にYouTubeとVimeoに公開されている動画を挿入できるようになりました。プレゼンテーション資料にYouTube動画を挿入できれば、提案がより相手に伝わりやすくなるでしょう。また文書内に動画を挿入すれば、伝えたいことを的確に表現できるでしょう。今回のアップデートでiWorksの各アプリがさらに便利になるのは間違いありません。
 
 
当然ですが文書もプレゼンテーション資料も紙にプリントしてしまうと動画は再生されません。こうしたアップデートが実施されたということは、iWorksのファイルをプリントせずにそのまま配布、公開することをAppleは想定していると考えられます。大袈裟かもしれませんが今回のアップデートはペーパレス社会に一歩近づくものなのかもしれません。
 
なおWebビデオの挿入方法はMac版なら「挿入」→「Webビデオ」と進み、動画のURLを入力すれば完了です。iOS/iPadOS版は「+」アイコンをタップして「Webビデオ」を選択することでURL入力画面へと進めます。また動画のサイズは写真や図表と同様に変更でき、効果的なレイアウトを簡単に作成できます。
 
アップデートによるWeb動画挿入以外の変更点は「画面の拡大・縮小・スクロール時に、意図しない編集(入力)が行われるのを防止する新しいレイアウトの採用」、「イメージ、ビデオ、図形などに説明テキストを簡単に追加できるようにする変更」が盛り込まれて

リンク元

Copied title and URL