次期iPad Pro 12.9インチは10,000個のミニLED搭載~生産に向け協業

12.9 Pro 4gen - 次期iPad Pro 12.9インチは10,000個のミニLED搭載~生産に向け協業 apple製品情報

 
次期iPad Pro 12.9インチは、ディスプレイ用バックライトとして1台あたり10,000個ものミニLEDが必要とのことで、その供給に向けて台湾EpistarとLextarが共同で持ち株会社を設立し、投資を加速しているとLED専門メディアLEDinsideが報じています。
Apple製品で大量購入見込み
 
TrendForceによるレポート、「2020年における次世代ミニLEDディスプレイテクノロジーと、サプライチェーン分析」によれば、12.9インチiPad Proのディスプレイを、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイに置き換える場合、パネル1枚あたり最大10,000個ものミニLEDチップが必要とのことです。
 
Apple製品へのミニLEDバックライト搭載ディスプレイは今後、12.9インチiPad Proだけではなく、14.1インチMacBook Proや、16インチMacBook Proに搭載されるとの噂もあり、その主要サプライヤーはEpistarになるだろうと、LEDinsideは予想しています。
ミニLEDバックライト生産に向け大幅投資
Appleからの大量受注を確実にするため、Epistarは60億台湾ドル(約220億円)の投資を行い、その8割以上をミニLED生産設備の拡張に充てたとのことです。
 
また、AUOグループ企業であるLextarはEpistarと持ち株会社を設立し、ミニLEDバックライト生産に向けた過当競争を抑えつつ、両社で開発予算を分担する見通しだとLEDinsideは報告しています。
 
 
Source:TrendForce via LEDinside (1), (2)
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)
Source:

リンク元

Comments

Copied title and URL