プロスポーツ観客動員に動き、感染発生エリアで生観戦の意向は5割に届かず

202007101653 2 - プロスポーツ観客動員に動き、感染発生エリアで生観戦の意向は5割に届かず 最新ニュース

新型コロナ以前のスポーツ映像観戦方法は「テレビ(CS放送などの有料放送)」が最多

 調査対象者のうち、新型コロナウイルス感染症の流行以前にスポーツをテレビなどで映像観戦していた人に観戦方法を尋ねたところ、「テレビ(CS放送などの有料放送)」(31.2%)が最も多く、「動画配信サービス」(22.0%)が続いた。


スポーツ現地観戦層の多くは、新型コロナによる国内のプロスポーツの試合中断・延期中に、
過去の試合などを観戦

 新型コロナウイルス感染症の影響によって、国内のプロスポーツ試合が中断・延期されていた間に何をしていたかを尋ねた質問では、「映画鑑賞」(45.5%)が最多で、「音楽鑑賞」(36.8%)、「読書」(35.4%)の順となっている。
 観戦方法別では、現地観戦層の「スポーツ観戦(過去の試合など)」という回答の割合が高い。


「現地会場での生観戦」は11月をピークに高くなるものの、感染多発エリア/感染散発エリアとも現地観戦層の生観戦意向は5割を下回る

 7月以降、国内のプロスポーツで観客動員が認められる方向にあることを受けて、どのような方法でスポーツを観戦したいかを7~12月の期間で尋ねたところ、「現地会場での生観戦」と答えた人の割合は11月をピークに高くなる傾向にある。
 一方で、「現地会場での生観戦」を希望する人が最も多い11月でも、感染多発エリアの現地観戦層が48.0%、感染散発エリアの現地観戦層が47.2%と、どちらも5割を下回った。


「現地会場での生観戦」希望者が不安に感じるのは「観客席での感染」や「声援による飛沫感染」

 7~12月のいずれかで「現地会場での生観戦」を希望した人に不安に感じることを尋ねた質問では、「観客席での感染」(61.3%)が最も多く、「声援による飛沫感染」(50.4%)がそれに続く。

リンク元

Copied title and URL