米国は政府契約業者によるファーウェイ製品の使用禁止を正式決定する方向へ

download - 米国は政府契約業者によるファーウェイ製品の使用禁止を正式決定する方向へ 最新ニュース
今週トランプ政権は、米国政府がHuawei(ファーウェイ)、Hikvision(ハイクビジョン)、Dahua(ダーファ)、Hytera Communications(ハイトラ)など中国企業のテクノロジーを使っている業者と契約することを禁止する規制を正式決定する方向だ。Reuters(ロイター)が報じた。
最初に禁止が規定されたのは2019年の国防授権法(NDAA)で、国家安全の懸念から政府機関がHuawei、ZTE、Hikvision、Dahuaおよびその関連企業の機器、サービス、システムを使用する企業と契約することを禁止した。
契約業者は2020年8月13日までに規制に従う必要があるが、規則の曖昧さについて直ちに異論を唱えることができる(Nextgov記事)。
また最近、業界団体の国防産業協会は、多くの契約業者が現在新型コロナウイルス(COVID-19)の経済的影響に対応していることを理由に、期限の延長を政府に要求したとDefense Newsが伝えている。
連邦契約業者にとってもう1つ問題なのは、ブラックリストに載っている企業がそれぞれの分野における世界的なリーダーであり、代わりを見つけるのが困難なことだ。例えばHuaweiとZTEは世界最大の通信機器メーカーの2社であり、DahuaとHikvisionは監視機器とカメラの2大メーカー、Hyteraは双方向無線の市場リーダーだ。
今回の禁止措置は、2012年の議会報告でHuaweiとZTEが国家安全の脅威であると認定されて以来(The NewYork Times記事)、Huaweiと米国政府の間に起きているさまざまなもつれのひとつだ。
2019年5月にHuaweiは、国防授権法の条項に対して意義を申し立て、同社の法務責任者は「米国の政治家は国全体の力を利用して一民間企業を追及している」と語った。
しかし、Huaweiに対

リンク元

Copied title and URL