AppleのARデバイス用レンズはすでに生産トライアル段階に突入か

Apple Glass Concept iDropNews x Martin Hajek - AppleのARデバイス用レンズはすでに生産トライアル段階に突入か apple製品情報

 
Appleは、現実拡張(AR)ヘッドセットやARメガネの開発を進めていると噂されています。
 
有料メディアThe Informationの最新レポートによると、ARデバイスにおいて最も重要な部品のひとつである「レンズ」が試作段階を終え、すでに生産トライアルへ進んでいるとのことです。
2018年よりFoxconnとともに開発
The Informationは生産トライアル段階に入ったレンズの用途について、先行発売が予想されているARヘッドセット(2022年中に発売見込み)向けなのか、AR Appleメガネ(2023年までに発売見込み)向けなのかは不明、と記しています。
 
同メディアの情報ソースによれば、Appleは2018年より台湾Foxconnと協力して、ARデバイス用の半透明レンズの開発に取り組んでいます。Appleが、ARメガネ向けレンズの開発を行う新興企業Akonia Holographicsを買収したのも2018年でした。
 
記事によると、ARヘッドセットおよびARメガネ向けレンズの開発は、中国・成都にあるFoxconnの施設で行われています。成都はiPadの主要生産工場があることでも知られています。
AR用レンズはサングラス用よりも厚め
Appleは5月にレンズの技術検証試験(Engineering Validation Test:EVT)段階に入り、デザインを固め、量産に向けたテストを開始した模様です。
 
The Informationによれば、ARレンズは異なる素材で作られた極薄の層を何枚も重ね合わせた構造であるため、気泡や傷が生じやすい性質を持っています。そのため生産は、清浄度レベルが徹底管理されたクリーンルーム内で行われているとのことです。
 
なおAppleが開発中のARデバイス向

リンク元

Copied title and URL