ソフトバンクが新3ブランド体制へ 5G対応で2,980円から

AD8DBFF7 FB50 44E7 804B B8440F08473A e1608606017228 - ソフトバンクが新3ブランド体制へ 5G対応で2,980円から apple製品情報

 
ソフトバンクは、2020年12月22日に5Gの新料金発表会を開催して、新たな料金プランを発表しました。
3つのブランドの位置付けが変わる
 
これまで、ソフトバンクでは、リアルショップ中心で大容量・リーズナブルな「ソフトバンク」、リアルショップ・オンラインショップ併用で中容量・低価格な「ワイモバイル」、オンラインショップ中心の小容量・超低価格の「LINEモバイル」という3つのブランドを運営してきました。
 
この中でLINEモバイルはMVNOであり、回線も、ソフトバンク回線のほかにau回線、ドコモ回線を選択することができました。なお、これまでのLINEモバイルのプランについては、3月に開始される新プランをもって受付を停止します。
 
 
これまで先述のような立ち位置だった3ブランドですが、今後は、「大容量ブランド」の「ソフトバンク」、「小中容量ブランド」の「ワイモバイル」、「オンライン専用ブランド」の「SoftBank on LINE」の3つに再編されます。
新ブランド「SoftBank on LINE」を立ち上げ
 
これまでMVNOだったLINEモバイルですが、今後ソフトバンクの100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定であり、ソフトバンクの内部ブランド「SoftBank on LINE」としてMNOへと進化します。
 
 
「SoftBank on LINE」の基本使用料は「2,980円」(税抜)でデータ容量は20GB、5分以内の国内通話が無料です。「LINE」のデータ容量は基本ノーカウントで、5GやeSIMに対応します。受付開始は3月です。
 
 
また、これまではMVNOでしたが、MNO品質のネットワークとして、ソフトバンクやワイモバイル

リンク元

Copied title and URL