ソフトバンクは「LINE」でドコモと差異化、20GB・2980円の「SoftBank on LINE」発表

202012221328 1 - ソフトバンクは「LINE」でドコモと差異化、20GB・2980円の「SoftBank on LINE」発表 最新ニュース

「SoftBank on LINE」を発表したソフトバンクの榛葉淳・代表取締役副社長執行役員兼COO

●「LINEモバイル」は3月で新規受付を停止
 新プランは、オンラインでの申し込みやサポート対応に特化する。20GBの中にLINEで使うデータ容量をカウントしない「LINEがギガノーカウント」を採用。LINEトークやLINE通話などが使い放題になる予定。通話料は5分以内の国内通話は何度でも無料で、途中から月額料金が値上がりすることもない。eSIMにも対応する予定だ。


4G/5G共通でデータ容量20GB、月額2980円

 データ容量を超えた場合、1GB当たり500円で追加できる。データ容量超過時の通信速度は最大1Mbpsとなる。5分を超える国内通話は20円/30秒の通話料がかかる。


 ソフトバンクの榛葉淳・代表取締役副社長執行役員兼COOは会見で、「SoftBank on LINEは、MVNOのLINEモバイルとは全く違うブランド。ソフトバンクの中の1ブランドとして、通信ネットワークは(MNOの)ソフトバンクと同じ品質である」と語り、現行の格安スマートフォンのLINEモバイルとの違いを明らかにした。
 ソフトバンクは、21年3月に実施予定のLINEとZホールディングスの経営統合により、LINEモバイルを完全子会社として吸収合併する。新しいSoftBank on LINEは、経営統合でLINEのプラットフォームの活用を協議することから実現される。
 榛葉副社長は、「LINEモバイルは3月をもって新規受付を停止する」と語り、LINEモバイルをSoftBank on LINEに一本化することも表明。既存ユーザーの移行などについては、今後説明するという。
 同じ4G/5G共通で20GB、月額2980円を発表したNTTドコモのahamoとの違いに

リンク元

Copied title and URL