キャリアメールやLINEの送信数は減少傾向、Twitterとインスタの利用率は増加

iPhone12 image - キャリアメールやLINEの送信数は減少傾向、Twitterとインスタの利用率は増加 apple製品情報

 
MMD研究所は12月22日、「2020年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を公表しました。2018年、2019年と比べてキャリアメールやLINEの送信数は減少傾向にあるほか、SNSではTwitterやInstagramの利用率が上昇しています。昨年と比べて利用が増えたサービスは、動画配信サービスがトップでした。
iPhoneの利用率トップはiPhone8
「2020年版:スマートフォン利用者実態調査」は、MMD研究所とコロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」の共同調査で、スマートフォンを所有する15歳〜59歳の男女2,578人を対象として2020年12月1日~12月2日の期間に実施されています。
 
回答者の利用しているスマートフォンのOSは、45.8%がiOS(iPhone)でした。
 
 
利用しているiPhoneの機種は、最も多かったのが「iPhone8」の16.4%、以下「iPhone7」14.7%、「iPhone11」11.2%などと続いています。
 
ちなみに、2020年秋のiPhone12シリーズは、「iPhone12」が1.9%、「iPhone12 mini」が1.5%、「iPhone12 Pro」が1.0%、「iPhone12 Pro Max」が0.8%でした。
 
 
スマホの利用時間は1日2時間〜3時間が最多
スマートフォンの1日あたり利用時間は、全体では「2時間以上3時間未満」が19.2%で最多、次いで「3時間以上4時間未満」が16.6%となりました。
 
性・年代別では、男性は10代、20代で「3時間以上4時間未満」、30代、40代で「2時間以上3時間未満」、50代で「1時間以上2時間未満」がそれぞれ最多とな

リンク元

Copied title and URL