iPhone13のクアッドカメラ+LiDAR、スペックとレイアウトの噂を画像で解説

maxresdefault e1591841449172 - iPhone13のクアッドカメラ+LiDAR、スペックとレイアウトの噂を画像で解説 apple製品情報

 
ZONEofTECHのYouTubeチャンネルで、iPhone13の、「クアッドカメラ+LiDAR 4.0」のリアカメラレイアウトを、予想スペックと共に解説しています。
iPhone13(仮称:2021年モデル)、コードネームは「D6x」
 
Fudge(@choco_bit)氏は、「iPhone13のコードネームはD6x、リアカメラはクアッドカメラ+LiDAR 4.0の構成が検討されている、うち1つは、6,400万画素カメラセンサーとシネマスコープ映像撮影用のアナモフィックレンズ(2.1:1)を組み合わせる可能性がある」と伝えていました。
 
 
このリーク情報をもとに、ZONEofTECHがレンダリング画像を作成し、各カメラのレイアウトを説明しています。
 
6,400万画素+広角1倍の光学ズーム、6倍のデジタルズーム
 
iPhone13のリアカメラは、メインカメラの画素数が6,400万画素に向上すると噂されています。
 
4,000万画素センサーと3倍〜5倍の光学ズーム、15倍〜20倍のデジタルズーム
 
 
望遠レンズは光学3〜5倍、デジタルズームでは15倍〜20倍を4,000万画素センサーと組み合わせると、Fudge(@choco_bit)氏は予想しています。
4,000万画素センサーと0.25倍の超広角レンズ
 
超広角レンズと組み合わせられるのも、4,000万画素センサーのようです。
 
クアッドカメラ説と、トリプルカメラ説あり
 
iPhone13はクアッドカメラ+LiDARを搭載する可能性があるとするFudge(@choco_bit)氏の情報に対し、ジョンソン・プロッサー氏は、その実現性に疑問を呈しています。
&nb

リンク元

Comments

Copied title and URL