3Dプリントで作られたカーボン製ユニボディ自転車「Ion」の予約受け付け開始

download - 3Dプリントで作られたカーボン製ユニボディ自転車「Ion」の予約受け付け開始 最新ニュース
Superstrata(スーパーストラタ)を見るたびに、どれだけ早く盗まれてしまうのだろうか、とどうしても考えてしまう。それはこの自転車の責任ではない。実際は逆で、そこが長所だ。たぶん、ニューヨークという街に長く住みすぎたために蓄積された経験が、私にそう思わせるのだろう。
SuperstrataのIon(イオン)は、4000ドル(約43万円)の自転車だ。だが、そこらの4000ドルの自転車(何を指しているかは、ここでは省く)とは訳が違う。滑らかな外観も目を引くが、Ionはなんと3Dプリントされたカーボンファイバー素材のユニボディ自転車なのだ。この製造法により、乗る人の体型に合わせたカスタム自転車を作ることが可能になっている。びっくりするような価格ではあるが、1万2000ドル(約130万円)以上もする従来のカーボンファイバー製自転車に比べたら、Ionは安い。
Superstrataブランドで発売されるのは2車種。前述の電動アシスト自転車Ionと、2800ドル(約30万円)の非電動自転車Terra(テラ)だ。どちらもまだ、完全には商品化されていない。現在、クラウドファンディングのIndiegogoで予約注文の受け付けを開始したところだ(キャンペーンはすでに当初の目標額10万ドルの5倍の資金を集めている)。このキャンペーンは、Alabaster(アラバスタ)やMisfit(ミスフィット)の創設者であり、ここ数年の消費者向け電子機器の動向に詳しい人にはお馴染みのSonny Vu(ソニー・ブー)氏が主催している。
画像クレジット:Superstrata
3Dプリント自転車の長所ははっきりしている。同社の説明によると、身長140cmから225cmの人まで車体を対応させることができるという(そこじゃない、均整美などのもっと楽しい面があると指摘される方もいるだろうが、話のポイントはわかっても

リンク元

Comments

Copied title and URL