シャープ、Androidスマホで4年連続No.1! 「AQUOS sense」大人気の裏側

202101221432 6 - シャープ、Androidスマホで4年連続No.1! 「AQUOS sense」大人気の裏側 最新ニュース

2020年のAndroidスマホ販売台数シェアで約4分の1を占めるシャープ

 20年のAndroidスマホ市場をBCNランキングで振り返ると、1位シャープのシェアは24.4%。2位とは10ポイント近い差という圧倒的なシェアを獲得している。この4年間の人気を常に支えてきたのが、幅広いニーズに応える「AQUOS sense」だ。性能と価格のバランスが整っており、スマホ初心者だけでなく、同じ製品をSIMフリー版としても販売していることから、コストパフォーマンスを重視するスマホに詳しい人にも受け入れられている。


シャープ 通信事業本部 パーソナル通信事業部 商品企画部の平嶋侑也主任(左)
と清水寛幸課長(右)

変わり続ける「必要十分」
 AQUOS senseシリーズの開発を担当する通信事業本部 パーソナル通信事業部 商品企画部の平嶋侑也主任は、「必要十分な機能・性能」をコンセプトに据えて開発していると力強く語る。「感覚的に使えるもの」「なんとなく、いいと思える」「言葉にできない心地よさ」を目指して開発された同シリーズは、ニーズにピタリと当てはまった製品だったわけだ。
 ただ、スマホに求められる「当たり前」は、年々高度化している。5~6年前は電話やメールなどの機能が主流だったが、次第に高画質な画像を見るようになり、音楽を聴くようになり、ついには動画やライブ配信を楽しむようになってきた。時代にあわせてスマホも進化していくのは、必然ともいえるだろう。


シャープの5G対応スマートフォン「AQUOS sense4」

 こうしたニーズをストレスなく実現するため、シャープはその時々にあわせて「必要十分」を定義し続けている。テスターによる試用や幅広いユーザーへのヒアリング、市場調査を重ね、機能と性能を絞り込んでいく。その際には、価格への配慮も忘れない。「あ

リンク元

Comments

Copied title and URL