ソフトバンク出資のeコマースサービスBigCommerceが予想どおり上場申請

download - ソフトバンク出資のeコマースサービスBigCommerceが予想どおり上場申請 最新ニュース
予想どおり(未訳記事)、BigCommerce(ビッグコマース)が上場申請を行った(7月13日提出のフォームS1参照)。テキサス州オースティンに拠点を置くeコマース企業である同社は、未公開企業として2億ドル(約215億円)以上を調達した。申請書類のIPO調達予定金額に記載の仮数値は1億ドル(約107億円)となっていることから、調達金額が米ドルで9桁の上の方ではなく、下の方になる見込みを示している。
BigCommerceは、株式市場で人気のShopify(ショピファイ)と同様に小売業者にeコマースサービスを提供している。カナダのライバルであるShopifyに夢中な市場の投資家の様子を見れば、BigCommerceのデビューのタイミングにまったく驚きはなく、賢いようにみえる。
もちろん価格が決まればさらにいろいろわかる。とはいえ、タイミングに恵まれたようだ。
数字
BigCommerceはSaaSビジネスだ。つまり、定期料金を受け取ってデジタルサービスを提供する。顧客から収益を得る方法の詳細は、こちらを見て欲しい。我々にとって重要なのは、市場の投資家がSaaSビジネスを、昨今の株式取引においてということだが、非常に人気のある市場セグメントに分類しているということだ。
まず概観から始めよう。2018年と比べた2019年の業績と、2019年第1四半期と比べた2020年第1四半期の業績は以下のとおりだ。
2019年、BigCommerceの売上高は1億1210万ドル(約120億円)に増加した。2018年の9190万ドル(約99億円)から約22%の増加だ。
2020年第1四半期のBigCommerceの売上高は3320万ドル(約36億円)に増加した。2019年第1四半期の2560万ドル(約27億円)から約30%の増加だ。
BigCommerceは2019年にはそれほど急速に成長し

リンク元

Comments

Copied title and URL