LINE経由のレンタルも可能な台湾のスクーターシェアWeMoが東南アジア進出へ

download - LINE経由のレンタルも可能な台湾のスクーターシェアWeMoが東南アジア進出へ 最新ニュース
台湾の街でおなじみのスクーターは、人口密度の高い都市では車に変わる交通手段となっている。しかしスクーターは大気汚染や駐車スペースの混雑にもつながっている。ここ数年、数社がガソリンで走る従来のスクーターに取って代わる環境に優しいスクーターの開発に取り組んできた。
Gogoroはおそらく国際的には、電動のSmartScooterでよく知られているだろう。SmartScooterは台湾の電動スクーター部門で実際に最もよく売れている。しかし台湾外ではさほど知られていないスクーターシェアリングスタートアップのWeMo(ウィーモ)も2016年のサービス開始以来順調に成長している。今では台湾の3大都市でスクーター7000台超を展開し、毎月100万回の乗車があるという。
WeMoはこのほど、AppWorksがリードするシリーズAで数百万ドルを調達したと発表した。台湾のベンチャーキャピタルファームであるAppWorksにとって初のスマートモビリティへの出資だ。調達した資金はWeMoが現在展開している台北市、新北市、高雄市以外へのサービス拡大、そして海外進出に使われる。海外での展開はまずは東南アジアだ。
WeMoは台湾では、車とスクーターのレンタルサービスのiRent、そしてGogoroが1年前に立ち上げたモビリティシェアリングプラットフォームGoShareと競合する。同社の共同創業者でCEOのJeffrey Wu(ジェフリー・ウー)氏は、WeMoがシェアリング用スクーター向けのスマートテックを作ることにフォーカスしてきて、最初から他社と差異化を図っているとTechCrunchに語った。
Gogoroのが自前の電動スクーターを開発するのとは異なり、WeMoは台湾最大のスクーターブランドの1つ、Kymco(キムコ)と提携している。各スクーターにはWeMoが開発したネットに接続するブラックボックス

リンク元

Comments

Copied title and URL