音だけだから、記憶に寄り添える。100年以上働いた炭鉱電車に、Seihoは何を残したのか

download - 音だけだから、記憶に寄り添える。100年以上働いた炭鉱電車に、Seihoは何を残したのか 最新ニュース
Seiho福岡県大牟田市にある三井化学大牟田工場では、原材料の搬入に三井化学専用線(旧三池炭鉱専用鉄道)を使用してきました。工場に関連する専用鉄道は世界にも数多くありますが、この三井化学専用線は2020年5月に廃止となりました。1909年に電車が走り出してから100年以上に渡ってはたらいてきた炭鉱電車。その別れを未来へのレガシーとして活用しようと企画されたのが、「ありがとう炭鉱電車プロジェクト」で
Source: ギズモード・ジャパン

リンク元

Comments

Copied title and URL