好調な四半期決算にもかかわらずSalesforceの株価は6.3%下落

download - 好調な四半期決算にもかかわらずSalesforceの株価は6.3%下落 最新ニュース
ウォールストリートの投資家たちは、気まぐれな野獣になり得る。Salesforce(セールスフォース)がその例だ。CRM(顧客情報管理)大手の同社は米国時間2月25日、四半期決算の売上高が58億2000万ドル(約6204億円)だったと発表した。前年同期比20%増だ。同社はまたクローズしたばかりの2021年会計年度の総売上高が前年比24%増の212億5000万ドル(約2兆2652万円)だったことも明らかにした。おまけに、2022年会計年度のガイダンスでは250億ドル(約2兆6649万円)とした。文句のつけようがない。
より多い四半期の売上高を望めば、Salesforceはそれを上回るものを出す。より高い成長率と確固たる売上高の予想を望むなら、それも達成する。実際、四半期決算は非の打ち所がない。同社はうまくやっており、この規模と年数の組織としては目覚ましい速度で成長している。そして今後も引き続き好成績と成長が見込まれる。
ウォールストリートはこのきらびやかな決算にどう反応したか?6%超の株価下落だ。同社が将来を約束するような決算を発表したことを考えれば、かなり悲惨な日だ。
画像クレジット:Google
何が起こっているのか。投資家が単に、同社の成長は持続可能ではないと考えたのかもしれないし、あるいは2020年末にSlackを270億ドル(約2兆8781億円)で買収したときに払いすぎたのかもしれない。また、今週の冷え込んだマーケットに人々が過剰に反応しただけなのかもしれない。しかし、もし投資家が高成長の企業を探しているのなら、Salesforceはそれに応えている。
関連記事:SalesforceがSlackを約2.9兆円で買収、買収前の企業評価額は2.6兆円強だった
Slackは高価だったが、2月25日の決算には売上高2億5000万ドル(約266億円)超とある。ランレートは10億

リンク元

Copied title and URL