ハッカーがAppleサポートのフリをして1,500ドルを騙し取る

hacker 3342696 640 e1614534378446 - ハッカーがAppleサポートのフリをして1,500ドルを騙し取る apple製品情報

 
米ペンシルバニア州在住のiPhoneユーザーがAppleサポートに電話をかけたところ、その電話が何者かに傍受され、サポート担当のふりをした人物に遠隔操作でアプリをインストールされたうえに、銀行口座からお金を騙し取られたと訴えています。
一本の電話から始まった悪夢
始まりは一本の電話でした。
 
ペンシルバニア州在住のドナ・フランシスさんに「Xfinity Appleサポート」から電話がかかってきました(コーラーIDにその名前が表示された)。電話を取りそこねたフランシスさんがXfinityに電話をかけると、XfinityにはAppleユーザー向けのサポート部門が存在しないので、Appleに電話をかけるようアドバイスされたそうです。
 
そこでフランシスさんは、AppleのWebサイトに掲載されていた電話番号(購入したiPhoneのパッケージに記載されていたものと同じ)に電話をかけたそうです。電話に出た女性は彼女の基本情報を尋ねると、男性担当者へと転送しました。
アプリをインストールさせお金を転送
Appleのサポート担当と名乗る男性はフランシスさんを言葉巧みに誘導、アプリをiPhoneにインストールさせると、彼女がiPhone画面を見つめている間に彼女の銀行口座から自分の口座へと1,498ドル(彼女の口座に入っていた全額)を瞬く間に転送、完了すると電話を切ってしまったそうです。
 
フランシスさんは自分がかけたのは正規のAppleサポートの番号であったと主張、ハッカーが何らかの方法で電話を傍受したと主張しています。
 
フランシスさんは銀行、地元警察、そして連邦捜査局(FBI)にも通報しました。Pittsburgh Action NewsがFBIに取材したところ、フランシスさんのかけた番号はたしかにAppleサポートの番

リンク元

Copied title and URL