Apple、予算1億ドルの「人種公道正義イニシアティブ」を設立

Screenshot from 2020 06 11 19 40 49 - Apple、予算1億ドルの「人種公道正義イニシアティブ」を設立 apple製品情報

 
Appleは、米国を中心に人種差別撤廃の動きが拡がっていることを受け、黒人の開発者やビジネスパートナーをサポートするための「人種公道正義イニシアティブ(Racial Equity and Justice Initiative)」を設立しました。
イニシアティブはリサ・ジャクソン氏が牽引
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、自身のTwitterアカウントで動画を投稿し、予算1億ドル(約106億6,700万円)の人種公道正義イニシアティブの設立を発表しました。
 
イニシアティブは、教育・経済的不平等・刑事司法制度改革を3つの柱とし、Appleで環境·政策·社会イニシアティブ担当バイスプレジデントを務めるリサ・ジャクソン氏が牽引します。
 
クックCEOは、今月末に開催されるAppleの開発者会議WWDC 2020で「黒人の人々のためのアプリ開発プログラムも発表する」と述べており、サプライヤーに占める黒人経営企業パートナーの割合も今後増やしていく意向も明らかにしています。
 
またApple社内でも、黒人などの有色人種やマイノリティを積極的に採用していくとのことです。
 
The unfinished work of racial justice and equality call us all to account. Things must change, and Apple's committed to being a force for that change. Today, I'm proud to announce Apple’s Racial Equity and Justice Initiative, with a $100 million commitment. pi

リンク元

Comments

Copied title and URL