「マリオカート ツアー」が横向き画面でのレースに対応、ハンドル操作は左手で

MarioKartTour landscape JP - 「マリオカート ツアー」が横向き画面でのレースに対応、ハンドル操作は左手で apple製品情報

 
任天堂は、スマホ向けゲームアプリ「マリオカート ツアー」を横向き画面でプレイ可能にすると発表しました。一方、任天堂はスマホ向けゲームの新作投入に消極的になっているとも報じられています。
レース中は横向き画面が利用可能に
任天堂は、「マリオカート ツアー」が7月21日のアップデートで横向き画面(ランドスケープモード)でのプレイに対応すると発表し、プレイ画面の動画を公開しました。
 
プレーヤーは、好みの向きでレースを楽しむことができます。
 
横向き画面でのレース中は、ハンドル操作ボタンは左側に配置されます。なお、横向き画面に対応するのはレース中のみで、メニュー画面などは従来どおり縦向き画面(ポートレートモード)で提供されます。
 
今後のアップデートで登場予定の機能を一部ご紹介。
次回のアップデートから、これまでの操作方法に加えて、ヨコ向きのプレイも可能に!
色々試して、自分にあった操作方法を探してみよう!#マリオカートツアー pic.twitter.com/zSl6H7R7WP
— マリオカート ツアー (@mariokarttourJP) July 20, 2020

 
2019年、App Storeで最もダウンロードされたアプリ
「マリオカート ツアー」は、2019年9月25日に配信が開始され、公開1カ月間で1億ダウンロードを記録しました。
 
Appleは、App Storeで2019年に世界で最もダウンロードされたアプリは「マリオカート ツアー」だったと発表しています。
 
また、2020年3月には、無料での対戦プレイが利用可能になっています。
スマホ向けゲームの新作投入には消極的?
任天堂は、スマホ向けゲームによる売上高が目標を達成できていないことから、スマホ向けゲーム

リンク元

Comments

Copied title and URL