ギグワーカーの自営を助け現状改善を目指すフードデリバリーのDumpling

download - ギグワーカーの自営を助け現状改善を目指すフードデリバリーのDumpling 最新ニュース
ギグエコノミー企業は、ワーカーに提供しているフレキシビリティや自由を謳うのが好きだ。しかしInstacart(インスタカート)、Uber(ウーバー)、DoorDash(ドアダッシュ)、Lyft(リフト)などを通じて仕事を探す人にとって、経済的そして物理的なリスクは報酬を上回る。
新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックによってソーシャルディスタンスが求められる時代に、リッチな顧客のための必要不可欠なサービスのフロントライン提供者となっている請負人は、福利厚生の欠如(未訳記事)、チップや賃金の逸失(未訳記事)、バックエンドサポートの欠乏(未訳記事)に苦慮してきた。
フードデリバリー分野のスタートアップであるDumpling(ダンプリング)は、ワーカーに「自営権」をもっと与えることでギグエコノミーの現状を変えようとしている。DumplingはInstacartプラットフォームから離れて自分のパーソナルショッピング事業をスタートさせるのに必要なリソースをショッパーに提供する。
Dumplingはフードデリバリーにフォーカスしている。パンデミックによってフードデリバリーが家にこもりがちな市民にとって必要不可欠なサービスになったからだ。これまでのところ、米国50州のショッパー2000人超が「個人Instacarts」を展開している。
Dumplingの共同創業者であるJoel Shapiro (ジョエル・シャピロ)氏とNate D’Anna(ネート・ダナ)氏は大学で出会い、一緒に働く方法を探していた。
それぞれNational Instruments(ナショナル・インストラメンツ)とCisco(シスコ)で働いていたシャピロ氏とダナ氏は、Dumplingを立ち上げるために企業での仕事に見切りをつけた。
「ギグワーカーの問題を解決する企業を実際に立ち上げたらどうなる

リンク元

Comments

Copied title and URL