「バンライフ」をスタイルではなくライフそのものにするKibboのキャンピングカーパーク改革

download - 「バンライフ」をスタイルではなくライフそのものにするKibboのキャンピングカーパーク改革 最新ニュース
Colin O’Donnell(コリン・オドネル)氏は、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが米国全土を襲い、数百年も続いてきた都市生活の亀裂が露わになる前から、街やコミュニティーを動かしているもの関する考えをすでに改めていた。
オドネル氏は、およそ6年前に盛り上がり始めた都市技術イノベーションの最初の波を起こした1人だ。彼は、公共交通機関のためのデジタルキオスクを製造する企業であるIntersection(インターセクション)を共同創設した。やがてこの会社は、Alphabet(アルファベット)が所有する子会社Sidewalk Labs(サイドウォーク・ラブズ)による初めての大型買収劇に捲き込まれることとなった。
当初は、テクノロジーには既存の環境を再構築する力があると楽観視され、また興味を持たれていたのだが、トロントで実施されたSidewalk Labsの最初のプロジェクトは、データ収集の方法で問題が指摘されたことと、新型コロナウイルスのパンデミックがカナダの各都市の財政を圧迫したことから行き詰まってしまった。それでも、テクノロジーをインテリジェントな形で社会に組み込むという実験は、いまだに出番を待ち構えており、不動産技術への投資は増え続けている。
オドネル氏の新会社であるKibbo(キボ)は、その両方のトレンドを採り入れている。サンフランシスコを拠点とするこのスタートアップは、米国のトレーラーパークをアップグレードし、以前の都市部の知的専門職(「Previously Urban Professionals」略して「パップ」とでも呼ぶべきか?)のためのリモートワークを可能にする国際的コミュニティーのネットワーク構築を目指している。
こうしたリモートワークのパッピーたち(この呼び方が気に入った)は、自分が慣れ親しんだ形で米国の道を自由に動き回るこ

リンク元

Comments

Copied title and URL