フェイスブックとトランプ大統領の間には「何の取引もない」とザッカーバーグ氏が明言

download - フェイスブックとトランプ大統領の間には「何の取引もない」とザッカーバーグ氏が明言 最新ニュース
Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏はAxios(アクシオス)のインタビューに答え、同プラットフォームがトランプ大統領に寛大な対応をする密約があるとする疑惑を明確に否定した。
「その憶測は私も聞いているので、はっきりさておきたい。いかなる取引も存在しない」とザッカーバーグ氏はAxiosに話した。「そもそもがばかげた話だ」。
Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は他のプラットフォーム(特にTwitter)で規則違反の監視を強められているが、Facebook(フェイスブック)での大統領の行動は依然としてほぼ手をつけられていない。2019年10月に、ザッカーバーグ氏はホワイトハウスで大統領およびフェイスブック取締役でトランプ氏の盟友であるPeter Thiel(ピーター・ティール)氏と非公開のディナーに出席したことを批判された(NBC News記事)。
「私はディナーの招待に応じた。私が現地にいて、彼が米国の大統領だからだ」とザッカーバーグ氏はいい、オバマ政権時代にも同じことをしたと説明した。「私が国のトップと会ったという事実は驚くことではないし、何らかの取引を示唆するものではない」。
関連記事:フェイスブック社員がバーチャルストを敢行、トランプ米大統領の投稿に対する会社の態度に抗議
「私の見たある批判は、私たちがトランプ政権に同情的すぎる、近すぎるのではないかと言っている人がたくさんいるというものだった」とザッカーバーグ氏はいい、「誰かに発言の機会を与える」ことはその人の信念に同意することとは異なる、と主張した。
たしかにフェイスブックとトランプ政権の間には友好的な力学が働いているように見えるが、フェイスブックが利益を得る明確な契約が存在していることは、もし明るみに出た時に受ける非難の嵐を考えてもありそうにない。フェイスブックが、例えば当局

リンク元

Comments

Copied title and URL