現代の告白方法としてラブレターは「ナシ」、成功率も低いことが明らかに

202007211907 14 - 現代の告白方法としてラブレターは「ナシ」、成功率も低いことが明らかに 最新ニュース

アラフォー世代では、ラブレターをもらったことがある人は43.6%、書いたことがある人は32.7%

 調査対象者のうち、35~44歳のアラフォー世代に、ラブレターをもらったことがあるかを尋ねたところ、もらったことがある人は43.6%だった。ラブレターを書いたことがあるかを尋ねた質問では、23.9%がラブレターを書いたことがあると答えている。


アラフォー世代がラブレターをもらった時期、渡した時期とも「中学生」が最多に

 ラブレターをもらった時期は「中学生」(38.7%)が最も多く、「大学生」「社会人になってから」という回答も多かった。ラブレターを「社会人になってから渡したという回答も、25.0%に達している。


アラフォー世代のラブレター成功率は25%前後

 ラブレターをくれた相手と交際に発展した人が29.2%で、ラブレターを渡した人が相手と交際できた割合は23.7%だった。


アラサー世代では、ラブレターをもらったことがある人は36.4%、書いたことがある人は20.0%

 25~34歳のアラサー世代に、ラブレターをもらったことがあるかを尋ねたところ、もらったことがある人が36.4%、書いたことがある人が20.0%となっている。


アラサー世代でもラブレターをもらった時期、渡した時期ともに中学生が最多

 ラブレターをもらった時期は、中学生が40.0%、高校生が30.6%。ラブレターを渡した時期は、中学生が68.2%だった。


アラサー世代のラブレター成功率は39%

 ラブレターをくれた相手と交際に発展した人が32.5%で、ラブレターを渡した人が相手と交際できた割合は45.5%となっている。


Z世代では、ラブレターをもらったことのある人が38.2%、書いたことのある人が19.1%

 18~25歳

リンク元

Comments

Copied title and URL