テクノロジー業界の監視団体がフェイスブックの無力な監督委員会に辞めろと訴える

download - テクノロジー業界の監視団体がフェイスブックの無力な監督委員会に辞めろと訴える 最新ニュース
大手テクノロジー企業に対する批判の潮流を契機として新しくできた非営利団体が、Facebook(フェイスブック)の監督委員会のメンバーに対して、もっと強い力を持つか、それができなければ辞めろと訴えている。このAccountable Techという団体は公開書簡で、米国のフェイスブックの監督委員会の5名のメンバーに「本当の権限を与えるように要求するか」、それともその職を辞すよう求めている。
その書簡は次のように書かれている。 「表現の自由と人権と民主主義的価値観への率直なコミットメントのために、あなた達は選ばれている。今こそが、これらの原則を支持する時だ。私達は謙虚に、このフェイスブックの安っぽいお芝居の共謀者になることを拒否されるようお願いしたい。直ちにフェイスブックに対して要求するか、それがだめなら立ち去られることを求めたい」。
Accountable Techは、2017年の草の根運動(The NewYork Times記事)を組織して指揮したNicole Gill(ニコール・ギル)氏とJesse Lehrich(ジェシー・レーリッヒ)氏が創設した進歩的なプロジェクトだ。レーリッヒ氏は2016年のHillary Clinton(ヒラリー・クリントン)氏の選挙戦で外交政策のスポークスマンを務めた。氏は同年のロシアの偽情報工作に対するクリントン陣営の対応にも携わり、米国の大統領選を襲ったオンラインの脅威に最前線で立ち向かった。
ギル氏はTechCrunchに対して「フェイスブックはうわべを取り繕う名人だ。監督委員会も、大げさなソリューションとして何年も前から喧伝している。しかしそのプラットフォームが抱える問題は今やかつてないほど緊急であり、それに対し監督委員会は無力だ」と語っている。
この公開書簡には、Center For American Progress Action F

リンク元

Comments

Copied title and URL